トップページ > 真空まめ知識

真空まめ知識


真空とは何でしょう?

真空とは何でしょう? 辞書によると、真空とは「空気などの物質がまったくない空間」、「何もない状態」とあります。 科学技術では、真に空のことを「絶対真空」といいます。 しかし、この状態の実現は人類未踏であり、理想の真空、概念の中だけの真空です。

そこで私達の先輩は、真空とは、 自分達の住んでいる「大気圧(1気圧ではない)より低い状態」であるとしました。 今日では、JISの定義で, 真空とは「大気圧より低い圧力の気体で満たされている特定の空間の状態」となっています。

したがって、 人の呼吸は肺を拡張して中の圧力を大気圧より低くして空気を吸込むものですから、その時、肺の中は真空になっているといえます。 キスも真空を作っているということになりますね。(^_^;)


↑このページの先頭に戻る


真空ってどんな状態?

真空とは,モノではなく状態です。 真空の状態は圧力で表わします。 圧力の単位はパスカル(Pa)です。 真空状態をわかりやすくする為に, 標高/高度と真空状態の関係を表にしてみます。

標高/高度 真 空 状 態 (真空度) 相 当 す る 気 体
0m 0kPa 海抜0mの大気
333m 4kPa オリオン機械所在地(長野/須坂)の大気
3776m 38kPa 富士山頂の大気
6000m 54kPa ドライポンプKM41−Aの常用真空度
7000m 60kPa ドライポンプKRF70の常用真空度
10000m 75kPa ドライポンプKRF15の常用真空度
ジェット旅客機の飛行空間
20km 5.5kPa(abs) ドライポンプKHA型の常用真空度
25km 1.33kPa(abs) ドライポンプKHH型の常用真空度
200km

400km
1.33×10**-7kPa(abs)

1.33×10**-9kPa(abs)
人工衛星の飛行空間
1000km 1.33×10**-11kPa(abs) 宇宙空間

(注)10**-7 は10のマイナス7乗、10**-11 は10のマイナス11乗を意味します。
(注)真空度表示は同じ単位で大気圧基準と絶対圧基準がありますのでご注意下さい

真空表示について


真空とは何でしょう? たとえば,ジェット旅客機の飛行高度は約10000mです。 この飛行空間は75kPaの真空状態ですので、ドライポンプKRF15を使用している時は、 ジェット旅客機の飛行空間と同等の真空状態を作り出していることになります。


↑このページの先頭に戻る


トップページに戻る