• トップページ »
  • 水蒸気セパレータ VSSシリーズ、リキッドセパレータ VLSシリーズ、オートリキッドセパレータ KLSA シリーズ

水蒸気セパレータ VSSシリーズ

水蒸気を凝縮して分離する複合形セパレータ

真空ポンプへの水蒸気や液体の混入を防ぎます。
熱交換器と冷却用ジャケットにより、吸入気体中に含まれる水蒸気を液体に変化させ排出します。

冷却水が必要となります。冷却水の設備がない場合には、オリオンチラーをご検討ください。

特長

  1. 洗浄が容易なフィン型熱交換機
  2. T 型構造(配管が容易)

仕様及び外形寸法図(単位 :mm)

VSSシリーズ外形寸法図 VSS500
型式 VSS500
流量 (m3/h) 470
質量 (kg) 45

VSS500 の入気温度範囲は 0 〜 100℃、
周囲温度範囲は 0 〜 60℃ となります。

オリオン小型水槽付きチラー

リキッドセパレータ VLSシリーズ(フロート内蔵、手動ドレン排出)

ドレンの状況を目視で確認できる液体セパレータ

真空ポンプへの液体の混入を防ぎます。
目視で内部が確認できるため、メンテナンスが簡単です。セパレータースクリーン内のフロートが上まで上がると、空気の流れを遮断して真空ポンプを保護します。自動でドレンを排出したい場合は、オートリキッドセパレータ(下記)をご検討ください。

水蒸気やオイルミストは捕集できません。

真空ポンプ稼働中はドレンを排出できません。

特長

  1. シースルーハウジング
  2. T 型構造 (配管が容易)
  3. メンテナンスが容易

外形寸法図(単位 :mm)

VLSシリーズ外形寸法図 VLS150

VLS250 デモンストレーション動画

セパレータ VLS シリーズの液体除去能力試験のため、液体に色を付け、
VLS250 左の確認用トラップに液体が混入しないか動作試験を行いました。
リキッドセパレータの液体除去能力をご覧頂き、液体混入リスクのため
オイルフリー真空ポンプの使用を諦めていたお客様!
ぜひオリオン機械までご連絡ください!

デモンストレーションの内容は下記の条件で実施した試験になります。
真空ポンプ KCE380E-VH-02
使用フィルタ VLS250
真空度 80kPa
空気量 約 800L/min
水分吸引量 約 10L/min

仕様

型式 当社該当機種 仕様 外形寸法 (mm)
流量 (m3/h) 保持容量 (L) 質量 (kg) A B C D E F G
VLS150 KCP100-V
KCP150D-V/VH
KCE190E-V/VH
136 1.6 4 178 Rp1 1/2 NPT 1/4 364 325 250
VLS250 KCP250D-V
KCE310E-V
KCE380E-V/VH
297 1.9 5.4 229 Rp2 NPT 1/2 431 381 250
VLS500 KCE500E-V
KCE570E-VH
KCE620E-V
510 5.7 11 343 Rp3 NPT 1/2 523 454 250

VLSシリーズの入気温度範囲は 0 〜 60℃、周囲温度範囲は 0 〜 60℃ となります。

オートリキッドセパレータ KLSA シリーズ(自動ドレン排出)

真空ポンプ稼動中に自動でドレン排出が可能

真空ポンプへの液体の混入を防ぎます。
水やオイルなどの液体を 99% 除去し、自動でドレンを排出します。真空ポンプ稼働中も真空破壊することなく
ドレンを排出できるため、長時間連続運転される場合にも最適です。

水蒸気やオイルミストは捕集できません。

特長

  1. 自動ドレン排出
  2. サイトグラス付

仕様

型式 KLSA30-01
流量 (m3/h) 510
質量 (kg) 115

KLSA の入気温度範囲は 5 〜 40℃、
周囲温度範囲は 5 〜 40℃ となります。

外形寸法図(単位 :mm)

KLSA30-01外形寸法図

製品情報

オイルフリーブロワポンプ

SDS のご提供について

真空ポンプ・ブロワ情報

省エネ事例

製品トピックス

主要エリア 真空スタッフご紹介

  • 北海道・東北 島田
  • 首都圏 柴本
  • 中部・北陸 松橋
  • 関西 山口
  • 九州 中村